必要かつ継続すべき医療

近頃、不要不急な外出を避けるよう言われております。

皆さまが受ける医療は不要不急なものはなく、必要かつ継続すべき医療であると考えます。

病院に来ないで閉じこもり,、治療を中断することによる受ける不利益のほうが大きいと思われます。

血圧、糖尿病、コレステロール、胃腸症状、アレルギー症状などで通院されている患者様には治療を継続して健康を維持していただきたいと考えています。

あさひまちクリニックがおこなっている対策について説明いたします。

良い診療を、早く終わらせる

ただお薬をもらうだけでは良い診療を受けられない場合があります。必要な検査、良い診察を可能な限り早く終わらすよう努力しております。そのため普段よりゆっくりお話を聞けないこともありますが御容赦ください。

発熱、かぜ症状の患者様は夕方の時間にきていただく

定期診察に来た際に発熱している方と同じ待合で待つことは不安であると思います。そのため発熱、かぜ症状の患者様は16時から17時30分の時間以外には院内に入らないようお願いしています発熱、かぜ症状の方に夕方までお待たせするのは大変心苦しいのですが、他の大部分の患者様の気持ちを汲んで御納得いただきたく存じます。あさひまちクリニックは発熱、かぜ症状の方もお断りせず診させていただきます。来院前に保健所にお電話、当院にお電話(51-3330)いただけると助かります。

換気、消毒をおこなう

定期的に窓を開けて換気をするとともに空気清浄機を数台設置し空気循環をするよう工夫しています。またドア、イスなどマメに消毒液で拭いております。受付前、診察室前などに手指用アルコールジェルを設置していますので患者様も手指消毒をお願いしています

防護服着用

職員が感染をおこし、患者様に感染させないためにガイドライン推奨以上の防護服を着用して診療しています。職員一同、自己の体調管理、感染防御に努めております。

オンライン診療の導入

オンライン診療を導入しました。ご希望の方はお気軽に医師、スタッフにご相談ください。お電話でのご相談もお待ちしております。

 

通院される患者様や御家族に不安を与えないよう努力をして参ります。御不明なことがありましたら何なりとご相談ください。

院長

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です