ピロリ菌感染と胃カメラ

あさひまちクリニックではピロリ菌検査胃カメラ検査もおこなっています。ピロリ菌は胃粘膜に住む菌で胃潰瘍や胃がんの原因になります。  

検査の順番としては

1.胃カメラ検査をして、胃がんなど重大な病気がないことを確認、ピロリ菌感染を疑う胃炎がないか確認

2.ピロリ菌検査(当院ではほとんど便検査でおこなっています)

3.ピロリ菌があれば、1週間薬を内服し除菌治療をする

4.ピロリ菌がいなくなったか確認検査(ほとんどの場合便検査のみです)

予防できる癌は数少ないです。特に胃がんは日本人に多いので胃カメラ検査とピロリ菌検査をしましょう。

貧血と言われたことのある方、家族にピロリ菌がいた方、50歳を過ぎた方はしっかり検査することをおすすめします。まず当院にお問い合わせください。苦しくない検査、確実性の高い検査・治療を行うよう心がけています。

院長       

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です